半歩ずつでも前に進めば変わっていく

Kozue Blog

人生 生活

片付けや整理整頓が苦手→意外と簡単にできた【やり方、考え方】

更新日:

「部屋の片付け、整理整頓が苦手で、、、。」
「物が多すぎて机が物置状態で使えない、、、足の踏み場が少ない 。」
「片付けってどうやったらいいの?」

こんにちは、こずえです。
机や床が長い間物置と化していたほど片付けや整理整頓が苦手だった私がとある理由から片付けをしてみたところ、以外と簡単に部屋を整理することができてしまいました。
同じように片付けや整理整頓が苦手という方は世の中にたくさんいるかと思いますので、私が行った進め方や便利だと思ったことを話します。

参考:
机周りとベッド下の半分くらいを整理した段階で可燃ゴミだけで45リットル5袋分になりました(名古屋市在住)。
そこまでに掛かった時間は4日(1日3時間)です。

この記事でわかること

  • 片付け、整理整頓のはじめ方、進め方
  • 不要なものを売るときに便利なサービス
  • 片付け、整理整頓をしてよかったこと、変わった

片付け、整理整頓をはじめる前におさえる大事な2つのこと(これで片付け半分完了)

片付けに取り掛かる前に大事なこと2つあります。
この2つおさえることができれば片付けは半分くらい終わったも同然です。

場所を区切り部分的に進める

まず、一度にすべての場所を片付けようとしなくてもいいんです。
大事なのは『場所を区切り部分的に進める』ことです。
一度にすべて終わらせることができるのであればそれは素晴らしいことだと思います。
しかし、実際に手をつけてみると予想外に時間が掛かってしまう場合がほとんどで、横道にそれたり途中で投げ出してしまうかもしれません。
机であれば、机の上、引き出しの中、、、というように部分的に進めていくことで着実に整理されていくのを実感することができます。
また、作業の量を分割することでまとまった時間を取らずにすみます。

収納場所を決める

つぎに大事なのは、『収納場所を決める』ことです。
普段「ここスペースあるしとりあえずしまっておこう、、、」なんていうことはありませんか?
あっという間に何をどこに収納したのか見失ってしまいます。
私はいざ必要になった時に見つからず、ある日思いもよらない場所から出てきたなんてことがよくありました。
また、必要なものかを深く考えずにしまいがちなので物がどんどん溢れ、さらに収納場所はバラバラになる悪循環になります。
ある程度でもいいので収納場所は決めてみましょう。
どうして分類が難しい、、、という場合はフリースペースを設けて、溢れそうになったら整理しましょう。

片付け、整理整頓をはじめる

場所を区切り収納場所も決まりました。
スペースを開放していきましょう。

一度すべて取り出す

まず、片付ける場所を絞ったらそこにある物を『一度すべて取り出しましょう(もしくは見える状態)』。
一旦全体量を把握することで終わりが見えます。
一部ずつ取り出していくと先が見えないのでそれだけで苦痛に感じてしまいます。
また、全体が見えることによってある程度物の分類を把握することも可能になります。

明確に必要ものとそれ以外のもの

つぎに、明確に必要ものそれ以外のもの2つに分けていきます。
必要か迷ったら一旦それ以外の方にいれちゃいます。
ここで『明確に必要なもの』に限定する理由は、『それ以外のもの』に時間を要するので体力を温存しておくためです。
分けたら終えたらそれ以外に分類したものを必要なものと不要なものに分けます。
ここで、私が重視した不要な物の判断基準は、以下の2つです。

  1. 数年間まったく使わなかった(または見たり考えなかった)物
  2. 商品の外箱


1.に関しては、数年まったく触れも考えもしなかったものは今後も触れない可能性が非常に高いからです。
いつ使うかもわからない物に限られたスペースを使い続けるのは勿体ないと思います。
2.に関しては、以下の場合不要と判断しました。

  • 常に商品を使っている(出している)
  • 売却予定がない
  • メーカ保証が切れている
  • 中身 (CD、DVDなど) が箱に比べて小さい

考え方はその商品を今後も使い続けていくかどうかです。
箱はとてもかさばるため、特に理由がない限り減らしてしまえるとよいですね。
私は箱類が多かったのでかなりスペースの削減になりました。

外箱を捨てる時に注意すること

主にあげられるものはパソコン、パソコン周辺機器、ゲームソフトなどの電子機器類で、これらにはインストールや使用するのに必要なメディアや認証のためのキーが箱や同梱品に含まれている可能性があります。
これを失ってしまうと最悪の場合使用することができなくなってしまうこともあるため、処分する前に確認しておきましょう。
(私は無くしかけたことがあります。。。)

小さいもの(鍵、ボタンなど)

小さいものはジップロックなどの袋に入れておくと分類ごとまとめたり、片付け中に無くさないよう管理できるため便利です。

必要なものと不要なものに分け終えたら

必要としたものはあらかじめ決めておいた収納場所に収納していきましょう。
ここで重要なのはよく使うものは手前に、逆にあまり使わないものは奥になるよう収納します。
不要としたものは可能であれば売って、それ以外は潔く処分してしまいましょう。

不要なものを売る

ただ捨てるのはなんだかもったいない気も、、、
売りたいけどあまり手間は掛けたくない、、、

今時はフリマアプリなどで手軽に個人間で物を売ることができますよね。
しかし、個人間での取引であるためちゃんと取引できるのか不安を抱く方もいるかと思います。
また、売りたいものがたくさんあった場合は1つ1つ商品を登録して取引、、、なんてことをしていては疲れてしまいます。
そうなるとせっかくのお片付け、整理整頓も先に進みませんよね。
そんな時は買取サービスを利用することにより一括で済ませることができて手間も時間も省けます

ブックサプライ

本・DVD・CD買取のブックサプライ

ブックサプライは本だけでなく、CD・DVD・ゲーム・携帯電話・貴金属から切手・金券、さらにはお中元・お歳暮まで、幅広いジャンルを取り扱っているため、お片付けや整理整頓にうってつけのサービスです。

「リアルタイム査定」で無料で事前に買取金額を調べられます。
商品のバーコードを入力するだけで買取金額も分かるので、買取サービスにありがちな価格の不安感がありません。
面倒な送り状の記入も不要、指定の時間に配送業者が取りに来るので渡すだけです。
さらに古本買取大手会社では有料の発送に必要となるダンボール箱が5箱まで無料で送ってもらえるため、こちらは商品を詰めるだけなのでとてもお手軽に済みます。
気になる査定から振り込みまでにかかる時間は最短2日です。
リターンまでの時間を気にする方にも嬉しいですね。

【おまけ】一人では無理な場合、片付けの規模が大きい場合

「一人ではとてもできない、、、」
「片付けの規模が大きい」
「引越しに備えて」
そういった場合は全国対応の不用品おかたづけ業者一括査定のサービスが便利かと思います。

【エコノバ】無料見積もり案件 不用品おかたづけ、ゴミ屋敷のおかたづけ

【エコノバ】無料見積もり案件 不用品おかたづけ、ゴミ屋敷のおかたづけ

不用品おかたづけを専門に行っているプロ業者に一括依頼する事ができます。
見積りを比較したうえで依頼する専門業者を選択することでスムーズな不用品おかたづけが出来ます。
会員登録不要、サイトの利用料も無料、最短2分で見積もりが可能です。
粗大ゴミおかたづけ、遺品整理、イベント廃品のおかたづけ、法人向けおかたづけ等、サービス業種別の相談が可能となっています。

片付け、整理整頓のいいところ

片付け、整理をしたことによって今までどれだけ不便な環境で生活していたかを実感しました。

  • スペースに余裕が生まれることによる安心感
  • 何を所持しているのか把握できる(重複購入の防止)
  • 視界がスッキリする(圧迫感が消える)
  • 掃除がしやすくなり清潔感がでる
  • 新たに物を配置、収納することが可能になる
  • スペースと整理された環境によって行動力が向上する

地味なことですが、家に忘れ物をする頻度が下がりました。
以前は布団以外にスマホや鍵を置くのも困難で、そうすると目につかない所に置いちゃった日なんかは家に置き忘れてしまい大変なこともありました。
普段外出時に持ち出すものを余裕をもって置けるスペースがちゃんとできたのが嬉しかったですね。
残念ながらビフォーアフターの写真はありませんが、それだけ散らかっていたんです、、、。

加えて、机が使えるようになったことで布団でゴロゴロになりがちだった習慣を改善できそうです。
スペースがそこしかないからといってゴロゴロしていたら健康に良くないですからね。

余談

余談ですが、私の片付けの発端は高性能なパソコン(ゲーミングPC)の購入でした。
友達にとあるオンラインゲームに誘われたのですが、所持していたパソコンでは動作基準を満たしていなかったため新たに購入することにしたんです。
これがそれなりに大きいサイズで、物置と化した机や床の片付けを余儀なくされました。
結果的にはパソコンのおかげで片付けの動機が生まれて、快適な空間を得ることに繋がりました。
好きなものややりたいことのためだと案外行動できたりするものなので、
どうしても片付けができないという方はきっかけを作ってみるといいかもしれないですね。

-人生, 生活
-

Copyright© Kozue Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.